2009年10月02日

[vol.46] 世界中から集まるデザイナーアイテム特集:第一弾

IOFTニュースでもお伝えしてまいりましたが、今年のIOFTには世界中から、
80ブランド以上の海外デザイナーアイテムが出展します。
海外ブランドのおしゃれメガネ人気は、ここ数年飛躍的に高まっており、
IOFTでも出展ブランドの数が昨年と比べ30%以上増えています。
まさにIOFT2009は、SILMOの「Village」、MIDOの「Design Lab」に匹敵する、
世界のデザイナーアイテムの集積地、情報発信基地になるんです。

そこで本日からの2回は、そんな世界のデザイナーアイテムを、
いち早くそして次々と日本に紹介した先駆者でありメガネ業界の超有名人、

リュネット・ジュラ(株)ミヤコヤ 社長の高橋 一男 氏

(株)グローブスペックス 代表取締役社長の岡田 哲哉 氏
のお2人にインタビューを敢行。海外おしゃれメガネ市場を牽引している両氏に、
IOFT2009で出展される海外デザイナーアイテムの見どころや、
海外アイテムを日本で紹介する際のポイントなどを伺いました。
本号では高橋さま、次号では岡田さまのインタビューをお届けいたします!

高橋写真.jpg

 ←高橋 一男さま
■リュネット・ジュラ公式WEB:http://www.jurajura.jp/


清野:
よろしくお願い致します。
まずはリュネットさんで扱われている海外ブランド、そして各ブランドで人気のフレームをご紹介ください。


リュネット・ジュラ 高橋さま
3ブランドご紹介しますね。
ONKELは、1999年にステファン・ペターセンによってドイツでデビューしました。
基本コンセプトはアルミニウム素材でメガネの可能性を追求しながら、
デザイン、機能の進歩を図っています。
機能的な特長はアルミ素材の軽さ、デザイン上の特長は温かい色の質感となります。
デザインは奇をてらわず、ベーシックなスクエアーを維持し、ビジネスマンのさわやかさを演出!
かけた人が、見る人々から高い信頼感が得られるデザインを狙っています。
オススメなのはこれですね。

onkel.jpg
ONKELらしい、キレイな色のアセテートフロントと
アルミテンプルの組み合わせ。
デザインはベーシックなので使いやすいですよ!
特に女性に人気がありますね。


次にご紹介するのは
REIZgermany
こちらは、1999年にフランツ・ルーター、ヨハン・グッドブロッドによってスタートしたブランドです。
アセテート素材にこだわり、素材の温かな質感と色の微妙な変化を演出しています。
1本1本丁寧な作りを目指し、全てドイツ国内で作られているんですよ。
70年代のレトロデザインに現代的なテイストを加え、自信に満ちた男性的なデザイン。
最近では、2個目、3個目とライツの新モデルをコレクションに加えるライツファンが増えています。

特に人気なのはこちら↓reiz.jpg
今のREIZ germanyを代表する1本!
厚手のアセテート生地を立体的にカッティングしていて
男性のお客様に絶大な人気を誇っていますね。


最後にご紹介する
TRACTIONは、1800年代創業のフランス・ジュラ地方の
老舗メーカー「VICTER GROS」社のブランドです。その先進的なデザインとカラーは、
ヨーロッパのフレームデザインをリードしてきました。メタル、アセテート
それぞれの特長を活かし、その色彩感覚はメガネに無限の可能性をもたらしています。
特に女性の表情に優しさと、美しさを与えますよ!日本でも、既に20年以上の歴史があります。
オススメは

traction.jpg
TRACTIONらしい、遊び心にあふれたモデルです。
ボリューム感のあるかなり大胆なデザインで、
クリア生地にカラーラインがとても効果的。
男女問わず人気のモデルです!


清野:
どのブランドも素敵です。高橋さまが、こういった海外ブランドを
日本に連れてくる際に意識されていることはなんですか?


リュネット・ジュラ 高橋さま
まず、日本で未紹介のものということが絶対条件ですね。
それと、デザイン面・機能面・素材面などで、他にはない斬新なものであったり、
尖ったものであったりすることも大事ですね。日本に入ってきた当時の
ic berlinや Herrichtなどが、良い例だと思いますよ。
今流行っているものや、日本のトレンドを追っているものでは絶対に成功しないと思いますので
いかに独自性のあるものを見つけるか、が要なんです。
これがこの仕事の難しさでもあり、面白さですよ!

清野
こうして見つけられた海外ブランドは、どういう流れでご紹介に至ってきたのでしょうか?

リュネット・ジュラ 高橋さま
見つけたブランドの製品を、弊社小売部門のリュネット・ジュラで販売してみたら、
お客様の評判が高くなったんです。で、評判が高まると、このブランドを
もっと多くの人々に知られてほしいと思うようになるんですね。
こうして出会ったのが、
ONKELREIZ germanyTRACTIONであり、
これらのブランドを全国のお洒落なメガネ店に紹介するようになったんです。
もっと多くに人に知ってもらいたい、その思いとブランドとのご縁ですね。


清野:
なるほど。良いものを広めたい、という思いが先駆者たる由縁、ということですね!
IOFTにもご出展いただきますが、各ブランドでどんな新作を発表するご予定ですか?


リュネット・ジュラ 高橋さま
ONKELは、女性でも使いやすいカラフルな新作になります。
REIZ germanyは、ソフトなアセテートナイロールフレームを発表しますよ!
REIZの2009年IOFTモデルはすべてナイロール製ですね。
TRACTIONからは、メタル、アセテートも女性らしいソフトキャッツアイを出展します。
ブースそのものも、商品が楽しく眺められる楽しいデザインにしますよ!


清野:
それぞれの新作に期待が高まります!IOFTでは、どんなバイヤーにお会いになりたいですか?
また、IOFT出展のメリットは何でしょうか?


リュネット・ジュラ 高橋さま
メガネが大好き、冒険が大好き、人が大好き、なバイヤー様にお会いしたいですね。
出展のメリットは、やはり多くの人たちにお会いできることですね。
みなさまにお会いできることを楽しみにしております!


清野:
ブランドとの出会い、そして人との出会いをとても大切にされているんですね!
IOFTでのブース、私もとても楽しみにしています。ありがとうございました。


《編集後記》
あのリュネット・ジュラ、高橋さまが登場です!
数々の海外ブランドを日本に紹介し、斬新でおしゃれなフレームを広めていらした
高橋さまのインタビューからは、とにかく良いものを1人でも多くの人に届けたい。という
製品への愛情と、まだ知られていない海外ブランドを発掘し広めることの醍醐味が感じられます。
リュネットさんのIOFTブース、きっと「メガネが大好き、冒険が大好き、人が大好き」な
人々の笑顔と、素敵なフレームに満ちていることでしょう。80以上もの海外ブランドが勢ぞろいするIOFTで
ぜひ、皆さんも海外ブランド発掘者になって素敵なブランドとの出会いをしてくださいね♪
次回は、もう1人の先駆者、グローブスペックス 岡田さまのインタビューをお届けします。


●業界屈指のデザインアワード!アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010:http://www.ioft.jp/eoy/

●IOFT2009 公式サイト:http://www.ioft.jp/
●IOFTニュース 英文サイト:http://ioft2009english.seesaa.net/

◇IOFTへの出展検討はこちらから
◇IOFTへの来場事前登録はこちらから

広報担当:清野
posted by IOFT事務局 at 11:18| 出展社情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。