2009年09月25日

[vol.44] IOFTセミナーおすすめセッションを紹介! 〜技術編〜

昨日に引き続き、本日もIOFTセミナーのおすすめセッションを一挙にご紹介。
今回は、(社)日本眼鏡技術者協会の生涯教育認定講習としても受講が可能な技術系セッションを
ご紹介します。

IOFTセミナーの詳細・お申し込みはこちら: http://www.ioft.jp/seminar/

〜プロのプロに学ぶ、技術系セミナーのご紹介〜

3年前から(社)日本眼鏡技術者協会の生涯教育認定講習としての受講が可能になった、IOFTセミナーの
技術系セッション。
IOFTセミナーでは、日本各地の眼鏡学校の講師をはじめ、カリスマ級の講師陣がずらり勢ぞろい。
たった3日間でこれだけの講師から学べ、かつ、生涯教育として、単位申請も出来るなんて、
まさに夢のようなプログラムです!

※各セッションのタイトルをクリックすると、IOFTセミナープログラムへジャンプします。

<10> スポーツビジョン
●認定単位: 0.5単位

スポーツビジョン研究会 代表 真下 一策 氏

【おすすめポイント】
スポーツをされるお客様がスポーツ用の眼鏡を作りたい。と、来店された時、どうしますか?
実は、スポーツ競技者にとって、適切な視力があるのです。
お客様が競技者として最大のパフォーマンスを発揮できるようになるために、
ぜひ、知っておきたい知識がこの講座には詰まっています。



<11> 視機能と目の生理
●認定単位: 0.5単位

めがね技術コンサルタント 内田 豪 氏

【おすすめポイント】
内田先生のセッションは、とっても面白いんです!そして、難しそうな内容を
とても簡単に優しく教えて下さいます。
気がつけば、知識のない私でも、すっと引き込まれ、一緒に学んで理解できてしまう。
最近話題の高付加価値累進屈折力レンズをどのように販売していけば良いのか…。
他店と差別化を図りたい小売店、必聴です。



<12> フィッティング・上級編
●認定単位: 0.5単位

(株)ヨシノ眼鏡店 代表取締役 / 日本眼鏡技術専門学校 講師 吉野 勝 氏

【おすすめポイント
例年好評のフィッティングセミナー。実習中心でその場でどんどんスキルを身に付けられます。
今回は、累進眼鏡にフォーカス。
お客様1人1人にピタリとはまるフィッティング術を徹底伝授していただきます。



<13> フィッティング・実践編●単位認定: 1単位

(株)さいたま眼鏡技術研究所 代表取締役社長 横田 進 氏

【おすすめポイント】
フィッティング界のカリスマこと、横田先生が教えるフィッティング講習。
3時間30分の長丁場にも関わらず、例年「時間が短い」というお声を頂戴するほど、
様々な手法と技術を一気に学べます。
独自に編み出した「ヤットコ」の使用方法は、こんな便利な使い方、知らなかった!
という声が続出です。

↓↓横田先生のブログはこちらから↓↓
http://yokotamegane.seesaa.net/


yokota.bmp



<14> 加工技術●単位認定: 1単位

眼鏡専門学校ワールド オプティカル カレッジ 専任講師 八木 仁志 氏

【おすすめポイント】
加工機器がどんなに発達しても、ツーポの加工だけはまだまだ人の手に頼る所が大きいのが現状。
そんなツーポ加工だからこそ、お店の技術力が大きく表れるのです。
また、様々な加工技術に応用できるポイントがぎっしり詰まったプロの手法をぜひ、学んでください!



<15> 両眼視機能測定
●単位認定: 1単位

キクチ眼鏡専門学校 校長 関 真司 氏

【おすすめポイント】
例年お申し込みが殺到するこのセッション。年に1度、関先生から改めて学ぶ事で、
課題がクリアーになった。というお声を多数頂いています。
日頃の業務の復習に。また、知らなかった新しい知識を得る場として、
ぜひご活用ください。



〜(社)日本眼鏡技術者協会 生涯教育とは?〜

(社)日本眼鏡技術者協会より認定される、『認定眼鏡士』という眼鏡のスペシャリストのための
資格があります。
資格には様々なランクがありますが、その資格を保持するためには、同協会が定める
『生涯教育認定講習』を受講し、一定の期間内に決められた単位数を満たす必要があります。
IOFTセミナーの技術系セミナーは、その『生涯教育認定講習』として指定されています。

詳しくはこちらから

(社)日本眼鏡技術者協会 ホームページ
http://www.megane-joa.or.jp/


[編集後記]
今年も、さらに充実したセミナーが全15セッション揃いました!
事務局には、日々、セミナーのお問い合わせが続々届いています。
どのセッションもお勧めばかり。『タメ』になる情報が、技術が、たくさん詰まっています。

しかしながら、定員になり次第締切となってしまいますので、
少しでもセミナーの受講をご検討されている方は、お早めにお申込みくださいね。

●お申込みはこちらから!IOFTセミナー:http://www.ioft.jp/seminar/


●エントリー締切間近!アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010:http://www.ioft.jp/eoy/

●IOFT2009 公式サイト:http://www.ioft.jp/
●IOFTニュース 英文サイト:http://ioft2009english.seesaa.net/

◇IOFTへの出展検討はこちらから
◇IOFTへの来場事前登録はこちらから

セミナー担当:西浦

posted by IOFT事務局 at 11:31| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。